天空の城 郡上八幡城
城山からの眺望
城山公園の桜と郡上八幡城
郡上八幡城の石垣と新緑
サツキと郡上八幡城天守
新緑の郡上八幡城
堀越峠から郡上八幡城を望む
紅葉のもみじと白亜の天守閣
郡上八幡城もみじ庭園ライトアップ
八幡城と昼の月
雪の郡上八幡城

郡上八幡城は戦国時代末期の永禄2年(1559)、遠藤盛数が砦を築き、稲葉貞通、遠藤慶隆の興亡を経て大普請され、寛文7年(1667)、6代城主遠藤常友の修復によって幕府から城郭として認められるに至りました。
その後、井上氏・金森氏が相次いで入部。宝暦騒動で金森氏が改易された後、丹後国宮津藩から転封した青山幸道によって殿町に居館が築かれ、旧二の丸は本丸、旧本丸は桜の丸・松の丸に改められました。
明治4年(1871)の廃藩置県とともに廃城となった城は、翌年から石垣を残してすべて取りこわされました。現在の城は、昭和8年(1933)、当時の大垣城を参考に再建され、木造4層5階建の天守閣等は郡上市重要文化財に、一帯の城跡は県史跡に指定されています。

郡上八幡古絵図

再建から80年を超える木造天守はもちろん、春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪化粧など四季折々の表情を見せる郡上八幡城をお楽しみください。

岐阜県・奥美濃の天空の城 郡上八幡城

朝霧に浮かび上がる八幡城が【天空の城】として話題となった、郡上八幡城のイメージポスター【積翠城の夜明け】。

各種メディアにも取り上げていただき、また、第64回日本観光ポスターコンクールでは、本審査入賞とはなりませんでしたが、オンライン投票部門で<5位>に入賞いたしました。

郡上八幡城イメージポスター 【積翠城の夜明け】

郡上八幡城「金の城御朱印」発行開始!

郡上八幡城で発行をしている来城記念の「城御朱印(御城印)」にこの度 新たな限定版が登場します!

毎月の最終金曜日(プレミアム・フライデー)発行の「金の城御朱印」!!

 

紙は通常版と同じく、職人手漉きの「美濃和紙」を使用しておりますが、光沢ある「金色」の家紋印を刷る為に、数か月の試作を重ねた結果、郡上の地場産業でもある「シルクスクリーン印刷」の技でバックの金と文字の黒を刷ることで、発色の素晴らしい記念証が完成しました!

※繊維の多い手漉き和紙は通常の機械印刷にかけられませんが、「水と空気以外には何にでも刷れる」とも例えられるシルクスクリーン印刷がこれを解決してくれました!

 

書体自体は通常版と同じですが、金色を活かすために、デザインは全く変えて、文字のバックに歴代城主5家の家紋や市松紋様を配置しております。

 

基本、発行日は「各月の最終金曜日」となりますが、「城の日(4/6)」や「GWのどこか」にも発行を予定しております。

※なお、12月に関しては、最終金曜日が年末休館日となってしまうため、今年は前倒しで12/20(金)の発行となります。

※2020年のGWは連休最終日の5/6(水)を予定しております。

※それ以外の日程では通常版のみの発行となります

 

発行料も通常版と同じく1枚300円。 お城の入場窓口にて発行をさせていただきます。

基本、「来城された記念」となりますので、郵送などは一切対応いたしかねますので、何卒ご了承ください。

 

郡上八幡城の城御朱印の収益は、お城の整備やサービス向上等へ活用させていただくほか、一部は熊本城様への復興支援に毎年充てさせていただいております。

勿論、今回から始まる「金版」の発行料も、同じ目的で活用をさせていただきますので、何卒よろしくお願いいたします!

 

今回から始まる、「金の城御朱印」の発行は、岐阜市の「金神社(こがねじんじゃ)」さんや「伊奈波神社」さん、「岐阜城」さん等が既に始められている【金の御朱印・御城印巡りで岐阜を盛り上げる】という企画に賛同して始めさせていただきました。

勿論、郡上八幡城も「金森家」が治めていた という歴史や、最後の城主 青山家の家宝が「金の弩標(どひょう)」という馬印だった ということで「金」に纏わるものがあるという理由もあります。

 

ぜひ、御城印コレクターの皆様は、郡上八幡城の「金の城御朱印」も集めてみてくださいね!

そして、ぜひ合わせて 岐阜の寺社巡りも楽しんでみてください。

 

問:TEL0575-67-1819(郡上八幡産業振興公社)

 

 

ページトップへ