天空の城 郡上八幡城
城山からの眺望
城山公園の桜と郡上八幡城
郡上八幡城の石垣と新緑
サツキと郡上八幡城天守
新緑の郡上八幡城
堀越峠から郡上八幡城を望む
紅葉のもみじと白亜の天守閣
郡上八幡城もみじ庭園ライトアップ
八幡城と昼の月
雪の郡上八幡城

郡上八幡城は戦国時代末期の永禄2年(1559)、遠藤盛数が砦を築き、稲葉貞通、遠藤慶隆の興亡を経て大普請され、寛文7年(1667)、6代城主遠藤常友の修復によって幕府から城郭として認められるに至りました。
その後、井上氏・金森氏が相次いで入部。宝暦騒動で金森氏が改易された後、丹後国宮津藩から転封した青山幸道によって殿町に居館が築かれ、旧二の丸は本丸、旧本丸は桜の丸・松の丸に改められました。
明治4年(1871)の廃藩置県とともに廃城となった城は、翌年から石垣を残してすべて取りこわされました。現在の城は、昭和8年(1933)、当時の大垣城を参考に再建され、木造4層5階建の天守閣等は郡上市重要文化財に、一帯の城跡は県史跡に指定されています。

郡上八幡古絵図

再建から80年を超える木造天守はもちろん、春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪化粧など四季折々の表情を見せる郡上八幡城をお楽しみください。

岐阜県・奥美濃の天空の城 郡上八幡城

朝霧に浮かび上がる八幡城が【天空の城】として話題となった、郡上八幡城のイメージポスター【積翠城の夜明け】。

各種メディアにも取り上げていただき、また、第64回日本観光ポスターコンクールでは、本審査入賞とはなりませんでしたが、オンライン投票部門で<5位>に入賞いたしました。

郡上八幡城イメージポスター 【積翠城の夜明け】

お城総選挙で18位を戴きました!!

先日 放送されましたTV番組『日本のお城総選挙』にて、郡上のシンボル《郡上八幡城》が堂々の18位にランクインしました!!

全国に数あるお城・城跡の中から、世界遺産や国宝、現存12天守などなど素晴らしい名城と並んで、ご紹介いただけたことは大変光栄なことで、地元として誇らしいですね!

 

お城のルーツは戦国時代末期 戦に際して山頂に「陣を置いた」ことに始まり、吉田川や小駄良川を天然の堀とする要害で、1600年には関ヶ原の合戦の前哨戦も繰り広げられた、戦の舞台となった山城です。

江戸時代には本丸が城山の中腹に移行し「山城⇒平山城」となり、明治4年の廃藩置県とともに廃城となりました。

現在 山頂に建っている郡上八幡城の天守は再建の区分としては「模擬天守」ですので、歴史的・文化財的な観点から言うと評価は低いお城です。

しかし、昭和8年(1933年)に木造で建てられた天守は85年もの月日を経て、多くのお客様から感動の声を頂いております。

『街道をゆく』等の著者として有名な 故 司馬遼太郎氏も

 

「しかし模造も古びてしまえば自然のなかで実在感を帯びはじめるらしく、それとも雪のせいなのかどうか、決して違和感を感じず、いかにも隠国の城といったふうの感じだった。」

 

・・・と美しさに言及しております。

 

そんな郡上八幡城ですが、今朝はなんと司馬遼太郎氏の感動を再現するかのように「雪景色」となっておりました!

もうすぐ桜が咲き4月末には新緑の季節がやってきます。

四季の美しさが楽しめる絶景の山城・郡上八幡城へぜひ一度 ご来城くださいね!

 

ページトップへ