天空の城 郡上八幡城
城山からの眺望
城山公園の桜と郡上八幡城
郡上八幡城の石垣と新緑
サツキと郡上八幡城天守
新緑の郡上八幡城
堀越峠から郡上八幡城を望む
紅葉のもみじと白亜の天守閣
郡上八幡城もみじ庭園ライトアップ
八幡城と昼の月
雪の郡上八幡城

郡上八幡城は戦国時代末期の永禄2年(1559)、遠藤盛数が砦を築き、稲葉貞通、遠藤慶隆の興亡を経て大普請され、寛文7年(1667)、6代城主遠藤常友の修復によって幕府から城郭として認められるに至りました。
その後、井上氏・金森氏が相次いで入部。宝暦騒動で金森氏が改易された後、丹後国宮津藩から転封した青山幸道によって殿町に居館が築かれ、旧二の丸は本丸、旧本丸は桜の丸・松の丸に改められました。
明治4年(1871)の廃藩置県とともに廃城となった城は、翌年から石垣を残してすべて取りこわされました。現在の城は、昭和8年(1933)、当時の大垣城を参考に再建され、木造4層5階建の天守閣等は郡上市重要文化財に、一帯の城跡は県史跡に指定されています。

郡上八幡古絵図

再建から80年を超える木造天守はもちろん、春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪化粧など四季折々の表情を見せる郡上八幡城をお楽しみください。

郡上八幡城 天空のもみじ庭園

現在開催中の郡上八幡城の紅葉ライトアップ「天空のもみじ庭園ライトアップ」。

その所以がわかる写真です。

郡上八幡の市街地を見下ろす小高い山の上に建つ郡上八幡城の白亜の天守。そして天守をとり囲むように真っ赤に浮かび上がる紅葉の光景。

まさに「天空のもみじ庭園」です!

今年は、お城のもみじの紅葉が、場所ごとにズレが大きかったり、台風の影響で傷んでしまった箇所もあり、イマイチな年ではございますが、現在、天守をとり囲む部分の紅葉は真っ赤に色付いております。(場所によってはすでに落葉しておりますが。)

この写真からは、「天空感」とともに、「天守炎上」のイメージも伝わるかと思います。

紅葉ライトアップは今週11/19(日)迄開催しておりますので、ぜひぜひお越しください!

 

※実際には庭園ではなく城郭の一部なのですが、分かりやすい表現で「もみじ庭園」とネーミングしております

 

ページトップへ