天空の城 郡上八幡城
城山からの眺望
城山公園の桜と郡上八幡城
郡上八幡城の石垣と新緑
サツキと郡上八幡城天守
新緑の郡上八幡城
堀越峠から郡上八幡城を望む
紅葉のもみじと白亜の天守閣
郡上八幡城もみじ庭園ライトアップ
八幡城と昼の月
雪の郡上八幡城

郡上八幡城は戦国時代末期の永禄2年(1559)、遠藤盛数が砦を築き、稲葉貞通、遠藤慶隆の興亡を経て大普請され、寛文7年(1667)、6代城主遠藤常友の修復によって幕府から城郭として認められるに至りました。
その後、井上氏・金森氏が相次いで入部。宝暦騒動で金森氏が改易された後、丹後国宮津藩から転封した青山幸道によって殿町に居館が築かれ、旧二の丸は本丸、旧本丸は桜の丸・松の丸に改められました。
明治4年(1871)の廃藩置県とともに廃城となった城は、翌年から石垣を残してすべて取りこわされました。現在の城は、昭和8年(1933)、当時の大垣城を参考に再建され、木造4層5階建の天守閣等は郡上市重要文化財に、一帯の城跡は県史跡に指定されています。

郡上八幡古絵図

再建から80年を超える木造天守はもちろん、春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪化粧など四季折々の表情を見せる郡上八幡城をお楽しみください。

岐阜県・奥美濃の天空の城 郡上八幡城

朝霧に浮かび上がる八幡城が【天空の城】として話題となった、郡上八幡城のイメージポスター【積翠城の夜明け】。

各種メディアにも取り上げていただき、また、第64回日本観光ポスターコンクールでは、本審査入賞とはなりませんでしたが、オンライン投票部門で<5位>に入賞いたしました。

郡上八幡城イメージポスター 【積翠城の夜明け】

凌霜隊の歴史を伝えるプロジェクトにご協力をお願いします!

150年前の戊辰戦争の際、幕府への義を貫くために会津へと向かい、白虎隊らと共に鶴ヶ城の籠城戦を戦い抜いた誇り高い 郡上藩「凌霜隊(りょうそうたい)」の歴史を伝える【凌霜150プロジェクト】の第一弾を本日より開始させていただきました!

 

郡上八幡の地域史家・高橋教雄先生による、凌霜隊や郡上藩の明治維新の歴史を詳しく・分かり易くまとめた文庫本『歴史探訪~郡上 凌霜隊~』の【再版】を目指す取り組みです。

 

この本は、凌霜隊の歴史物語をわかりやすく学べる「凌霜隊の入門書」であると同時に、凌霜隊や明治維新における郡上藩の歴史を学び・伝えていく為には欠かせない「後世に残すべき一冊」でもあります。

残念ながら、高橋先生の自費出版で製作されたこの本は、現在1冊も残っておらず、このままでは絶版となってしまう可能性もあります。

今回のプロジェクトでは、本の再版(史料の追加・加筆含む)資金800,000円を目指しておりますので、皆様の温かいご支援をお願い申し上げます!

 

【協力方法】

●現地(郡上八幡)でのお申込み…「郡上八幡旧庁舎記念館」「郡上八幡城」にてお申し込みください

●インターネットでのお申込み…クラウドファンディング・サイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」にて専用ページがございます

  キャンプファイヤー【凌霜150プロジェクト】 

専用ページURL⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/83532

※[CAMPFIRE(キャンプファイヤー)]のサイト内検索で[郡上 凌霜隊]で検索いただいても出てきます!

 

協力金:

●一般協力…3,000円

●特別協力…10,000円 ※企業・団体様向けですが、一般の方でも大歓迎です!

 

返礼:

●『歴史探訪~郡上 凌霜隊~』×1冊 (特別協力は5冊)

●凌霜150記念「美濃和紙しおり」×1枚 (特別協力は5枚)

●郡上八幡城特製クリアファイル×1枚 (特別協力は5枚)

●郡上八幡城公式WEB SITEで「ご協力いただいた皆様」としてお名前をご紹介

受付期間:2018年7月11日~9月28日(予)

 

問い合わせ:☎0575-67-1819 郡上八幡産業振興公社 郡上八幡城担当まで

 

★上記、クラウドファンディング・サイトでは、凌霜隊の概要等も写真付きで紹介しております!

ぜひ一度、ご一読いただき、興味関心をお持ちいただければ幸いです!

どうぞ、ご協力、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

ページトップへ