天空の城 郡上八幡城
城山からの眺望
城山公園の桜と郡上八幡城
郡上八幡城の石垣と新緑
サツキと郡上八幡城天守
新緑の郡上八幡城
堀越峠から郡上八幡城を望む
紅葉のもみじと白亜の天守閣
郡上八幡城もみじ庭園ライトアップ
八幡城と昼の月
雪の郡上八幡城

郡上八幡城は戦国時代末期の永禄2年(1559)、遠藤盛数が砦を築き、稲葉貞通、遠藤慶隆の興亡を経て大普請され、寛文7年(1667)、6代城主遠藤常友の修復によって幕府から城郭として認められるに至りました。
その後、井上氏・金森氏が相次いで入部。宝暦騒動で金森氏が改易された後、丹後国宮津藩から転封した青山幸道によって殿町に居館が築かれ、旧二の丸は本丸、旧本丸は桜の丸・松の丸に改められました。
明治4年(1871)の廃藩置県とともに廃城となった城は、翌年から石垣を残してすべて取りこわされました。現在の城は、昭和8年(1933)、当時の大垣城を参考に再建され、木造4層5階建の天守閣等は郡上市重要文化財に、一帯の城跡は県史跡に指定されています。

郡上八幡古絵図

再建から80年を超える木造天守はもちろん、春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪化粧など四季折々の表情を見せる郡上八幡城をお楽しみください。

岐阜県・奥美濃の天空の城 郡上八幡城

朝霧に浮かび上がる八幡城が【天空の城】として話題となった、郡上八幡城のイメージポスター【積翠城の夜明け】。

各種メディアにも取り上げていただき、また、第64回日本観光ポスターコンクールでは、本審査入賞とはなりませんでしたが、オンライン投票部門で<5位>に入賞いたしました。

郡上八幡城イメージポスター 【積翠城の夜明け】

熊本城の復興に向けて

熊本地震より2年が経過しました。

被災者(被害者)の皆様のご冥福をお祈りするとともに、いち早い復興をお祈り申し上げます。

 

甚大な被害を受けた熊本のシンボル「熊本城」の復旧も着々と進んでいるようですが、まだまだ復興への道のりは長いとうかがっております。

郡上八幡城では、同じ城郭として「お城らしい支援のカタチ」を模索する中、来城記念証(城御朱印、登閣記念符)の発行料の一部を熊本城の復興支援に充てる取り組みを2年前よりおこなっております。

 

平成29年度は約9000枚の発行となりましたが、それは9000名の皆様による熊本城支援を意味します。

この度、平成28年度の「130万円」に続き、平成29年度分の支援として「100万円」を熊本城に寄付をさせていただきました。

この【城御朱印を通じた城郭の相互扶助の仕組み】は、小さなお城でも、「継続」することで大きな支援に繋がる取組みです。

また、各地の城が「連携」することで、さらに大きな支援の輪となる可能性に期待をしております。

 

日本が誇る名城「熊本城」のいち早い復興に向けて、今年度も引き続き、みなさまのご協力を宜しくお願い申し上げます。

 

※4月20日に熊本を訪問し、寄付目録をお届けするとともに、熊本城の現状を視察してまいります。

 

 

ページトップへ