天空の城 郡上八幡城
城山からの眺望
城山公園の桜と郡上八幡城
郡上八幡城の石垣と新緑
サツキと郡上八幡城天守
新緑の郡上八幡城
堀越峠から郡上八幡城を望む
紅葉のもみじと白亜の天守閣
郡上八幡城もみじ庭園ライトアップ
八幡城と昼の月
雪の郡上八幡城

郡上八幡城は戦国時代末期の永禄2年(1559)、遠藤盛数が砦を築き、稲葉貞通、遠藤慶隆の興亡を経て大普請され、寛文7年(1667)、6代城主遠藤常友の修復によって幕府から城郭として認められるに至りました。
その後、井上氏・金森氏が相次いで入部。宝暦騒動で金森氏が改易された後、丹後国宮津藩から転封した青山幸道によって殿町に居館が築かれ、旧二の丸は本丸、旧本丸は桜の丸・松の丸に改められました。
明治4年(1871)の廃藩置県とともに廃城となった城は、翌年から石垣を残してすべて取りこわされました。現在の城は、昭和8年(1933)、当時の大垣城を参考に再建され、木造4層5階建の天守閣等は郡上市重要文化財に、一帯の城跡は県史跡に指定されています。

郡上八幡古絵図

再建から80年を超える木造天守はもちろん、春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪化粧など四季折々の表情を見せる郡上八幡城をお楽しみください。

岐阜県・奥美濃の天空の城 郡上八幡城

朝霧に浮かび上がる八幡城が【天空の城】として話題となった、郡上八幡城のイメージポスター【積翠城の夜明け】。

各種メディアにも取り上げていただき、また、第64回日本観光ポスターコンクールでは、本審査入賞とはなりませんでしたが、オンライン投票部門で<5位>に入賞いたしました。

郡上八幡城イメージポスター 【積翠城の夜明け】

【重要】郡上八幡城 営業再開のお知らせ 2020-5-28

郡上八幡城は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月7日より休館をしておりましたが、2020年6月1日(月)  午前9時 より営業を再開させていただきます。

施設・スタッフの新型コロナウイルス感染防止対策の徹底とともに、ご来城いただく皆様にもご協力いただきながら、営業をおこなってまいりますので、何卒ご理解・ご協力をお願いいたします。

 

【お客様へ ご来城にあたってのお願い】

●発熱・風邪の症状がある等 体調がすぐれない方はご来城・ご旅行をお控えください。

●混雑を避けるために、来城される曜日や時間の分散にご協力ください。

 ※混雑しやす曜日・時間帯…土日祝日・11時~15時

●密集を防ぐために入場制限をおこないます。混雑時にはお待ちいただくことになりますので、平日のご来城、混雑時間を避けてのご来城をおすすめします。

●必ずマスクの着用をお願いします。着用が無い方はご入城をご遠慮いただきます。

●受付時に手指の消毒をお願いします。(受付・天守内に消毒液を設置しております。)

●受付時に代表者様は「入館者カード」へのご記入をお願いします。(氏名・ご住所・電話番号など)

●人と人との間隔をあけてご見学ください。また、大声での会話はお控えください。

●不必要にモノ・建物等に触れないようお気を付けください。(手すり等はのぞく)

 

◎当城の新型コロナウイルス感染防止対策についての詳細はコチラをご覧ください(PDF資料) → 新型コロナウイルス感染防止対策 郡上八幡城2020-5-25

 

なお、6月~8月は例年は夏季時間(8時~18時)での営業ですが、当面の間は 9時~17時(最終受付は15分前迄)の時間短縮営業とさせていただきますので、ご注意ください。

 

まだまだ新型コロナウイルスの感染拡大が終息したわけではございません。

国やお住まいの地域の定める行動基準などをご確認いただいた上で、感染予防のマナーを守りながらお出かけいただければ幸いです。

 

ページトップへ