丹波篠山

歴代城主

郡上八幡城の歴代城主

郡上八幡城は5氏19代にわたり治められました。

  • 遠藤氏 遠藤氏家紋
  • 稲葉氏 稲葉氏家紋
  • 井上氏 井上氏家紋
  • 金森氏 金森氏家紋
  • 青山氏 青山氏家紋

 

遠藤氏 

遠藤氏家紋

永禄2年(1559)、盛数が東氏を滅ぼし、八幡城の基を築きました。2代慶隆のとき、秀吉の不興を買い、加茂郡白川1万3千石に左遷されましたが、八幡城の戦いの後、郡上に復帰しました。常友の時、城下町が整備されました。その後、常春が11歳で家督を継ぎましたが、23歳で病死し、常久が4歳で藩主となりました。常久はお家騒動のなか7歳で夭折し、郡上領2万4千石は幕府に没収されました。しかし、幕府は、遠藤家を惜しみ、大垣藩戸田氏の胤親を養子に1万石を与え転封させ、近江の国三上遠藤として幕末まで続きました。

初代
遠藤 盛数(えんどう もりかず)
2代・4代
遠藤 慶隆(えんどう よしたか)
5代
遠藤 慶利(えんどう よしとし)
6代
遠藤 常友(えんどう つねとも)
7代
遠藤 常春(えんどう つねはる)
8代
遠藤 常久(えんどう つねひさ)

 

稲葉氏 

稲葉氏家紋

稲葉一鉄は、美濃斉藤家の重臣で、美濃3人衆に数えられ、その後、織田信長の下で活躍、勇将の名をはせました。貞通は、その稲葉一鉄の嫡男で、遠藤慶隆の転封後、美濃の国曽根城から八幡城に入部しました。貞通の時代に、八幡城の全面改修を行い、天守台を建て、現在の城の原型を整えたと伝えられています。関ヶ原の戦いの直前、西軍に属していましたが、八幡城の戦いの後、遠藤氏と和睦し、東軍として参戦しました。その後、豊後の国(大分県)臼杵5万石の城主に移封され、幕末まで至りました。

3代
稲葉 貞通(いなば さだみち)

 

井上氏 

井上氏家紋

元禄5年(1692)遠藤氏移封の後、井上正任が常陸の国(茨城県)笠間城主から郡上城主として入部しました。正任は入部後1年をたたず、二男正岑が家督を継ぎました。
井上氏は郡上在住5年で、丹波の国(京都府)亀山城主に移封されました。
正岑は郡上移封後、若年寄、老中と権力の座にのぼりつめました。とくに、8代将軍吉宗の就任には大きな役割を果たしました。

9代
井上 正任(いのうえ まさとう)
10代
井上 正岑(いのうえ まさみね)

 

金森氏 

金森氏家紋

金森家は、織田信長、豊臣秀吉に従い軍功をあげ、代々飛騨の国を領有した名家です。頼旹(よりとき)は、4歳で家督を継ぎましたが、元禄5年(1692)、出羽の国(山形県)上ノ山に転封され、5年を経ずして郡上藩に転封されました。頼旹の政治姿勢は清貧で、領民に寛大であったと伝えられています。頼錦は、頼旹の孫にあたり、元文元年(1736)、23歳で家督を継ぎました。頼錦は、風雅を好み温和な性格で詩歌に親しむ文化人でした。しかし、 在任中百姓一揆(宝暦騒動)が起こり、宝暦8年(1758)お家断絶となりました。

11代
金森 頼旹(かなもり よりとき)
12代
金森 頼錦(かなもり よりかね)

 

青山氏 

青山氏家紋

郡上の青山氏は譜代大名で、丹波篠山藩を本家とする青山氏の支族です。宝暦8年(1758)、幸道の時、丹後(京都府)宮津藩主から郡上藩主となりました。以来7代、若年寄や寺社奉行など幕府の重職を担い明治維新を迎えました。東京の青山には、青山氏の下屋敷がありました。また、凌霜隊の戦いなどが有名な史実として残されています。

13代
青山 幸道(あおやま よしみち)
14代
青山 幸完(あおやま よしさだ)
15代
青山 幸孝(あおやま ゆきたか)
16代
青山 幸寛(あおやま ゆきひろ)
17代
青山 幸礼(あおやま ゆきのり)
18代
青山 幸哉(あおやま ゆきしげ)
19代
青山 幸宜(あおやま ゆきよし)